6回目の催眠療法(ヒプノセラピー)

f:id:motaco1010:20170714161658j:plain

 

もうセラピーに通いたくない。

 

困ったことになった。

結論から書くと、セラピスト社長が嫌いになった。

なので、セラピーで一緒の空間にいることが苦痛だ。声も聞きたくない。

しかし、そんなことは本人に話せない。どうするべきか。

 

なぜ嫌いになってしまったかは省くが、これは今後のセラピーに大きく関わってくることだと思う。

何を話されても胡散臭いとしか思えない。私に話しかけないでくれとしか思わない。

こんな状態で続けてもらって良いのだろうか。

 

「なら断ればいいじゃないか」と思うかもしれない。

どうやって断っていいか私には言葉が思いつかない。

社長は自分の催眠療法に絶対の自信を持っている。なので、「効かないので……」とも言いづらい。

正直に「社長が嫌いになったので会いたくないです」とは、今後仕事をもらう立場としては絶対に言えない。

 

さて、ではそんな状態での今回のセラピーはどうだったかと言うと、ずっと寝ていた。

足のむずむずの件で寝不足になっていたため、速攻眠りにつき熟睡していたらしい。

これにはとても助かった。

セラピー中、社長はずっと暗示文を紡ぎ続けるので、それが耳に入ってくることが苦痛だからだ。

さっさと眠ってしまえたのは本当に良かった。聞かないですむからだ。

 

セラピーのおかげかはわからないが、また変わってきたことがある。

・夕飯を作れなくても罪悪感を感じたり泣いたりすることが無くなった

・自分を責めることが減った

過呼吸になることが減り、症状も弱まってきた

・仕事ができるようになった

 

ただ単にいつもの体調の波のような気もする。

社長が嫌いだから、そう思いたいのかもしれない。

 

そもそも症状が悪化してきたのは、Twitterで病気アカウントを作ってからだった気がする。

とあるフォロワーさんと仲良くなり、彼女の重い症状に引きずられてしまったような。

その子がよく過呼吸になっていたのをTLで見かけて、いつしか私も過呼吸になるようになっていたし。

今では交流は無くなり、それで良くなってきたのかも……?

 

……と、彼女のせいにするのはこの辺にしておいて。

感化されやすいと自覚している私は、もっとハッピーなアカウントをフォローした方が良いのかもしれない。

申し訳ないが、病み垢はブログ更新告知用だけに使用しようかとも思う。

よく考えたほうが良いのかもしれない。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング

手足がむずむずして眠れない

f:id:motaco1010:20170714160918j:plain

 

お願いだからじっとして。

 

今、飲んでいる薬のメモ
・レクサプロ錠10mg(2錠) 抗うつ剤
フルボキサミンマイレン酸塩錠50mg(1錠) 抗うつ剤
・ブロムペリドール錠1mg(2錠) 統合失調症の薬
リボトリール錠0.5mg(1錠) 抗けいれん剤
・【頓服】アルプラゾラム錠0.4mg(1錠) 精神安定剤

 

先週の土曜日から、睡眠薬を飲んでも2時間以上寝付けない日が続いた。

なので、いっそ飲まないことにしてみたら、案外問題なかった。(対して変わらなかった)

しかし、代わりに手足がむずむずするという症状が出て、慌てて病院に行ってきた。

……睡眠薬を飲まなかったら新たな症状が出た、とは説明しなかったな。

これを書いていて気づいたことだが、睡眠薬がけいれんを抑えてくれていたのだろうか?

 

睡眠薬を飲まなくなったのは2日前の夜から。

手足がむずむずするようになったのも2日前の夜から。

初日は夜だけだったのに、睡眠薬を抜いて2日目の夜(つまり昨日)~今朝にかけて足のむずむずがずっと続いた。

むずむずさえ無ければ眠れそうな雰囲気だったが、むずむずに耐えられずずっと足を動かし、気づいたら寝落ちしていた。

 

立ったり座ったりお話したりスマホをいじっているときはあまり気にならない。

しかし、横になってじっとしていると耐えられないのだ。

興奮するとずっと部屋の中を歩き回ってしまうのだが、そのときの衝動と似ている。

居ても立ってもいられない、といった感じだ。

 

断薬した睡眠薬と追加になった抗けいれん剤はどちらのほうが依存性が強いのだろうか。

来年の子作りに向けてそろそろ減薬を……と思っていたらこれだ。

同じ病気かつ妊娠しているフォロワーさんは、「妊娠中は睡眠薬は飲めない」と言っていた(気がする)。

なので、睡眠薬は止めなければ、と思っての断薬だったのだが。

効かなくなったのもあるし、無理な断薬では無かったと思うのだが……うまくいかない。

今日もらってきたリボトリールが効いてくれるのを祈るしかない。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング

5回目の催眠療法(ヒプノセラピー)

f:id:motaco1010:20170708214332j:plain

 

効果があるのかないのか焦ってしまう時期。 

 

セラピーを受けに行くのに1時間弱の電車移動がある。

これがどうにも苦痛で、セラピスト社長の元に着いたころにはヘトヘトになっている。

同じように、普段の買い物に行くときも似たような苦痛がある。

いつかは改善されるのだろうか。

 

今日は早めの時間にお願いしたため、3回もやってもらえた。

1回目から眠りにつき、とても驚いた。

今までは2回目でないと眠ったりなんかしないからだ。

2回目はいつもと違うポーズで受けたため、あまり集中できなかった。

 

2回目のあとに社長が仕事の電話を挟んだ。

その間、私はごろごろしていたわけだが、私の聞こえる位置で仕事の話をするのはやめてほしかった。

しかし、思ったより落ち込まなかったので結果オーライか。

 

3回目もあまり集中できない感じだったが、知らぬ間に眠っていたようだ。

催眠状態を解除された後に夢を見ていたことに気づいた。内容はすぐに忘れてしまったが、変な夢だったと思う。

 

セラピーのおかげかはわからないが、変わってきたことがある。

・うさぎを叱っても自己嫌悪しなかった

・個人で請け負ってる仕事を進められた

「週に2時間くらいなら働けそう」と社長に言ったら、来週から少しずつ仕事をすることになった。

本当にできるか不安だが、今の私ならなんとかなる気もしている。

 

セラピーを受けて5回目になったが、今後も続けたいかと言われると微妙なラインだ。

冒頭で書いたとおり移動が苦痛だ。でも非常にリラックスできる。非常に悩ましいところだ。

もし、ここでやめてしまったら。まだ統失に催眠療法が良いのか悪いのかもわからないうちにやめてしまったら。

今までの時間が無駄になる気がしてならない。

他に試すことが見つかっていない以上、もう少し試してみても良いのかなとは思う。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング

精神障害者の定義と私の選民意識

f:id:motaco1010:20170703222732j:plain

 

自覚と差別。

 

私は自分のことを精神障害者だと思っている。

手帳は持っていない。障害年金は申請準備中だ。

 

精神障害者とはどういう人を指すのか?友人と話したことがある。

ある子は「手帳を持っている人のこと」と言い、

ある子は「健常者と生きてる世界が変わってしまった人のこと」と言った。

また、父は「精神病で苦しんでいる人のこと」と言った。

 

私も「健常者と生きてる世界が変わってしまった人のこと」のことだと思う。

正確には、「病気になる前と生きてる世界が変わってしまった人のこと」かな。

だから、手帳を持っていようがいまいが、世界が変わってしまった人は障害者だ。

 

私は障害者だ。私の日常は病気によりめちゃくちゃになってしまった。

健常者が監視に怯えるか?買い物に怯えるか?調理に怯えるか?

2番目のセリフの友人は私のことを障害者とは思ってないと言っていたが、私は十分に障害者になってしまったのだと認識している。

そう、”なってしまった”のだ。私の障害者への差別意識

 

なぜ私は手帳をもらわないのか?

私にはメリットに感じることがないからだ。

施設によっては安くなるかもしれないが、それは周りに「自分は障害者です」と知られてしまう可能性がある。

手帳を持つと法律的にも障害者になることになる。

それが怖いくせに、イヤなくせに、障害年金の申請をしているのは矛盾しているけど。

 

私には選民意識がある。

世界は優秀な人間だけで回すものであり、使えない人間はすべて処分すべきだと。

別にそれは本の一握りの秀才だけを集めようという話ではない。

私のように働けない価値のない人間は不要だと言いたいのだ。

 

私は世界に必要な人間だと思っていた。

いや、不要というわけでは無いと思っていた。

しかし、障害者になったことで不要な人間になってしまった。

自分自身をそう責めるということは、周りの障害者を差別しているのと同じことだ。

私は、そんな自分の醜さに気づいてしまった。さらに不要な人間になった。

 

世界には清らかな人間だけで良い。

私のような醜い心の持ち主はいらないのだ。

 

精神障害者になったことが周りに知られたくない。

でも知って特別扱いしてほしい。そんな矛盾の中で生きている。

私は健常者に戻れるだろうか。寛解することは健常者に戻ったことを指すのか。

そのとき、私はまた世界に必要とされるのだろうか。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング

4回目の催眠療法(ヒプノセラピー)

f:id:motaco1010:20170703215856j:plain

 

内なる「声」との戦い。

 

今回は催眠状態に入ってすぐにアクシデントに見舞われた。

今まで黙ってた「声」が聞こえてきたのだ。

「このセラピストは、本当に信用たる人物なのか?」

うるさい。やめろ。私は必死に抵抗した。

セラピスト社長曰く、こういった現象は初回のうちはままあることらしい。

今回まで出てこなかったほうが不思議なんだとか。

 

今は仕事を回されてないとは言え、社長と会うと仕事のことを意識してしまう。

セラピストとしては良いのだけれど、上記のことや仕事でのやり取りから社長のことはあんまり良く思ってない……のかもしれない。

「声」は幻聴ではなく、自分自身の疑問だったのだ。

今回も2回やってもらったが、「声」のこともありあまりスッキリしなかった。

 

そもそも、私は催眠療法に何を求めていたのか。

ブログを遡っていたら、見つけた。

「治るとは毛頭思っていない。しかし、生きるのが楽になるのなら」くらいの気持ちだが、どうなるのだろうか。

私は諦めない - 統失女の催眠療法日記

そうだった。これで統失が治るなんて思ってない。

私はこの生きづらさをなんとかしたくてすがる思いで始めたのだ。

 

根本的な解決にはならないよ、と友人は言った。

自分を苦しめる原因を上から催眠で塗り固めるのだ。いつかは剥がれてしまうかもしれない。

原因と戦い、勝った友人はヴィパッサナー瞑想で変わることができたと言っていた。

これは10日間もの間、協会で過ごし1日に何時間も瞑想を行う、というものだ。

しかし、参加期間中は誰とも会話してはならないのだ。それが私には苦痛すぎる。

 

セラピスト社長にカウンセリングは止められているので、今はお世話になれない。

「過去の苦しみを引っ張り出しても、今どうのこうのできる問題ではない。

それは、楽しいことで塗り固める催眠の効果を台無しにしてしまう」と言っていた。

 

催眠療法で生きづらさが解消されたとして、その効果はどれだけ続いてくれるのか。

ある日突然、メッキが剥がれてきやしないか。私はそれが怖い。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング