哲学・思想の話

地球は生きているのか

”地球と命はつながっている” そんな考え方があるみたいだ。ふと、なら地球は生きているのか考えてみようと思った。 私は地球はただの惑星であり生きてなんか無いと思う。 木々や海、人間や動物たちが生物にとっての細胞と捉えられなくも無いが、そうだとした…

日々を大切に生きるとは

ついつい重く考えがち。 最近、死ぬことが怖い。すぐ死んでしまうかもしれない。私も、周りも。 そんなことを友達に相談したら、「死ぬのが怖いぶん今を大切にするしかないのでは」返答された。 そこで気になったのが、”今を大切にするとはなにか”。 パッと…

人を好きになると人は死ぬ

好きという気持ちは重い。 旦那が好きすぎて私は死の恐怖を感じ始めた。 あまりに好きすぎて死んでしまうのではないかと心配なのである。 人を好きになると言う絶大なるパワーに殺される。 私は自分自身に殺されるのだ。 旦那を好きになった私はもう前の私に…

「自分をえらんで生まれてきたよ」を読んで

精神病は私に必要だった www.sunmark.co.jp 久しぶりに上記の本を読んだ。 これは最初の会社で精神病に苦しみ始めたときに、部長がそっと貸してくれた本だ。 初めて読んだとき、ぽろぽろと涙が止まらなかったのを覚えている。 一度読んだ本を読み返さない私…

会えなくなるのは死ぬことと同義だと思っていた話

※旦那自慢が多数含まれているので注意 旦那が2泊3日の社員旅行に行ってきた。 その前日まで私は幼子のように泣きわめき、散々困らせたのだ。 私という人間は旦那がいることで成立している。 旦那が帰ってこない生活など虚無以外の何物でもないのだ。 私は、…

精神障害者の定義と私の選民意識

自覚と差別。 私は自分のことを精神障害者だと思っている。 手帳は持っていない。障害年金は申請準備中だ。 精神障害者とはどういう人を指すのか?友人と話したことがある。 ある子は「手帳を持っている人のこと」と言い、 ある子は「健常者と生きてる世界が…

社会的に死に至る病

障害者になった私は、健常者とは相容れない存在だ。 統合失調症を色んな人に理解してもらいたいか? 答えはNOだ。 中途半端な知識を与えて勘違いしてもらいたくない。 「なんかよくわからんけど苦しいらしい脳の病気」という認識さえしてくれればいいのだ。 …

苦しいと連呼することで生まれる脳の錯覚

楽しい時間をもっと増やしたい。 苦しい日々が続くのは何故なのか。 最近どうにも苦しい時間が増えている気がする。 旦那が帰ってくると「苦しい、苦しい」と訴え、過呼吸になる。 何故こんなに苦しくなってしまったのか。 疑問に思っていると、こんなツイー…

精神障害者であることの自覚

私は精神障害者だ。 今まで私は、自分はまだ健常者であると思っていた。 しかし、バスツアーにて”普通”を思い出したとき、私は普通じゃないことを認めたのだ。 それについては、その日の記事を読んで欲しい。 普通でない私たちの救われる道とは - 統失女の催…

統失患者でも子供が欲しい

統合失調症は遺伝するのか 私の母は統合失調症患者である。 しかし、そう告知されて悪化したため、現在は別の病気を告知されている。 私は自ら統失になったと思ってはいるが、なる要因のひとつに”母が統失”と言うこともあるんじゃないか。 そうなると、子供…

精神病は薬では治らない

自分の力で治すのだ 「うつは心の風邪」なんて言葉がある。 私は、それをぼんやりとしか認識していなかった。 しかし、よくよく考えてみるとまさにその通りだなと感じた。 今日はそれを書いていこうと思う。 私は統失患者だが抑うつ状態でもあると診断されて…

普通でない私たちの救われる道とは

異常を受け入れてもらわないといけない 昨日、私は旦那とさくらんぼ狩りバスツアーに行った。 そこで、私は病気になる前の”普通”の私に戻ったかのようだった。 少しバスツアーの話をしよう。 バスツアーでは行動時間が決まっているが、それに対して「早くし…

働かない私には価値がない?

仕事など、もはやどうでもいい。 ずっと仕事をするだけのロボットでありたかった。 完璧な仕事をしたかった。 しかし、働けない体になった。そんな私は無価値である。 「声」は言う。 働け。働かないお前には生きている価値がない。家でぐうたら過ごして、旦…

精神病患者にはパートナーが必要?

そんな思想に囚われていた時期の話。 私は、自分がパートナーに恵まれていたからと言って、回りの精神病患者に恋人を作ることを強く勧めていた時期があった。 「男女関係なく精神病患者は理解あるパートナーを見つけて養ってもらおう!」 そんなバカげたこと…

「死にたい」と思うことは悪いことか?

「死にたい」は死ぬほど辛いし死ぬしか解決方法が見つからないの略 精神病患者をフォローしている私のTwitterでは、「死にたい」とツイートする人が多い。非常に多い。と言うか毎日目にする。 いわゆる”病み垢”TLでは日常茶飯事のことだし、そもそも軽い気持…

人の寿命は監視者によって定められている

すべては監視者の思うままに。 Twitterのフォロワー、サコちゃんが興味深い記事を書いていた。 同じテーマで私も書いてみようと思う。 ……の前に、そのサコちゃんのブログはこちら。 ts-964.hatenablog.com とても文章が上手く、頭にすんなり入ってくる文体で…

守護霊に見られている

信じる信じないではなく、そこにいるのだ。 私は霊というものの存在を信じている。 観測者が次の入れ物に放り込む際に逃げ出したか、観測者自身が捨てたかはわからない。 しかし、霊というものはいるんだろう、きっと。 だが、守護霊となるとどうか。 そんな…

神とは観測者のことである

常に私たちは見られているのだ。 今日もやってきましたグダグタ哲学。 高校の頃、図書室で心理学や哲学の本を読み漁った身としては、こういった内容の話をぶちまける場所ができて嬉しい。 まず、ちょっと前までの私の神論。 神=自分である(!!!) 完璧に…

心って?魂って?

野菜が死ぬ瞬間っていつだ? 魂って何?心ってドコにあるの?脳との関係は? ……と言ったごちゃごちゃ話。 これは解決策ではなく、私の悩みをぶちまけたものだ。 まず、私は人間だけでなく動物にも心があると思う。 そして、心がある生き物は考えることができ…