2017年減薬中止、そして5月現在

f:id:motaco1010:20170529003108j:image

 

子作りは急がなくても良い……のか?

 

1ヶ月に1錠のペースの減薬は私には性急だったようだ。

調子が悪くなり、薬の量を少し元に戻した。

そして、子作りも来年へと延期した。

 

2月に旦那と温泉旅行に行った。

それから数日だけ、だいぶ調子が良かった。

 

だが、いつからか私は不眠に悩まされていた。

今年に入ってからずっとだろうか。昨年からだったろうか。

もう覚えてもいない。

 

その頃に書いた病状メモがこちら。(3/2)

 

「朝眠い、昼も眠い、夜2時3時になるまで眠れない。

でも、前みたいにソワソワして眠れない訳ではなく、元気で眠気がない。

昼間は何かをする元気が無く、ぼーっとしているうちに寝てしまう。

そもそも、体がだるく、お昼ごろに目覚めても2、3時間は布団から出ることができない。

 

うさぎの世話があまり積極的にできない。

体が動かず、掃除やエサやりをせずに寝てしまうこともある。

これにとても罪悪感がある。

 

少しでもストレスを感じると、すぐに過呼吸を起こしたりジタバタ暴れわめいたりする。

これに旦那がイライラしており、そのイライラしている姿に怯え、悪化する。

電車や慣れない病院の待ち時間時も呼吸が乱れる。

自宅で起こった場合は奇声を発することもある。

 

ここ2、3日前から、痛みや苦しみを味わっていないと生きててはいけない気がする。

生きることへの罪悪感がある。」

 

院長にこのメモを見せ、睡眠薬グッドミンが処方された。

これは15分ほどで頭がふわふわし、世界がどうでも良くなり、気がつくと眠っているシロモノだ。

これを飲むとよく眠れるが、次の日起きてこれなくなる事態に陥った。

 

グッドミンは止めてルネスタ1mmが処方された。

これは2時間ほどすると眠れるようになる薬だった。

寝る努力をしないといけないため、もっと増やしてもらうことにした。

 

そして今、ルネスタ2mmを飲んでいる。

調子がいい日は旦那より先に眠ることができるが、これも多少の寝る努力が必要。

 

5月現在は3月よりかは良くなった。

しかし、「声」は私を責め続ける。

 

今度のバイト先は社長がセラピスト。

来月に催眠セラピーを受ける。

その結果、この苦しみがどう変わるのか、わくわくでいっぱいである。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村