神とは観測者のことである

f:id:motaco1010:20170603172435j:plain

 

常に私たちは見られているのだ。

 

今日もやってきましたグダグタ哲学。

高校の頃、図書室で心理学や哲学の本を読み漁った身としては、こういった内容の話をぶちまける場所ができて嬉しい。

 

まず、ちょっと前までの私の神論。

神=自分である(!!!)

完璧に統失の陽性症状だが、あとで読み返すときのために書いておく。

 

神とは、その人自信のことである。

私にとっての神は私だし、あなたにとっての神はあなたなのだ。

なぜならば、私がどのように行動するか、私の人生を決めるのは私だからだ。

個人の人生を決めることができる存在、それは神でしかないと思っていた。

病状以上。

 

今の私は、神はその人その人個別に存在する観測者のことだと思う。

なぜ観測者と呼び方を変えるのかと言うと、世間で言うような”奇跡”を起こしてくれる存在ではないからだ。

神はただ人を見守る存在。それ以外なにもしれくれない。

だから観測者なのだ。

 

その観測者たちは、我々の言うところの天界におり、担当している生き物の観測をする。

そして、その生き物がよりよい存在になるためには、次はどういった環境に放り込むのが良いのかを考えているのだ。

その生物が死んだとき、観測者は次に放り込む体を決める。

人間、動物、魚、虫、植物……。

何を経験させれば良い魂になるのか。それだけを考えて担当魂を見守る存在なのだ。

 

うーん、哲学っていうより宗教?

とにかく、私の中での神はこんな感じ。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング