働かない私には価値がない?

f:id:motaco1010:20170605210804j:plain

 

仕事など、もはやどうでもいい。

 

ずっと仕事をするだけのロボットでありたかった。

完璧な仕事をしたかった。

しかし、働けない体になった。そんな私は無価値である。

 

「声」は言う。

働け。働かないお前には生きている価値がない。家でぐうたら過ごして、旦那の稼ぎを食いつぶす悪者だ。

働かねばならない。働かねばならない。働かねばならない。

 

ここで言う「声」とは、完璧なるmotacoさまのことであり、観測者や守護霊である祖母のことではない。

motacoさまは完全なる私なのだ。

 

その「声」にいつもいつも悩まされてきた。

働きたいと思った。

家事ではダメなのだ。お金を稼いでこないと働くことにはならない。

 

なら周りの主婦はどうなるのか?

それは関係ないことだ。よそはよそ、うちはうち。

病気だからなんて甘えたことは言ってられない。早く働けるようにならなければ。

 

しかし、実際に働いている今、仕事なんてどうでもよくなった。

働きたくない。家でゴロゴロしていたい。

せっかく働けるというのに、なんとも贅沢ないきものである。

 

価値がない?上等。

生き物は価値があるかないかで生きてるんじゃないんだよ。

むしろ価値のない魂ほど生きて格を上げないといけないんだよ。

 

仕事したくない。

ただ、楽になりたい。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング