病気のことで親には頼れない

f:id:motaco1010:20170605200227j:plain

 

”統失の私”はいらないのだ。

 

旦那と暮らしている今、辛いときは旦那に頼っている。

旦那が会社に行っている間に苦しくなったとき、すぐ近くの実家に帰ったが、後悔する羽目になったことがある。

私への対応に困っていたのだ。

 

「つらい。死にたい」

そう言ったとき、母は「誰がうさぎの世話をするの」と返してきた。

死にたいほど辛いと思っている私への心配ではなく、うさぎの世話の心配をしたのだ。

これに私は絶望した。

 

思い返してみれば、実家にいた頃もそうだ。

動けず話せなくなった私を両親は放置した。

過呼吸で倒れたときも何もしてくれなかった。

 

苦しくて唸っていた私を放置し、2人で談笑していた。

そこに私はいなかった。

 

両親は私のことを心配してくれているし、愛してくれていると思う。

しかし、”統失の私”は対応に困るのだ。その結果、”統失の私”は無視される。

 

旦那がいないとき、苦しくなったら、友達やTwitterに頼るしかない。

それでもダメなときは薬に頼るだけだ。

ODってしたことないから怖いな。

 

困ったらすぐに頼ろうとしていたけど、もう自立しないといけないようだ。

何度でも言う。両親は”統失の私”を必要としていない。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング