どれだけ周りを頼って良いのかわからない

f:id:motaco1010:20170612215132j:plain

 

周りの人は優しい。ゆえに、限度がわからなくなる。

 

私は今、全力で周りに頼っている。

Twitterのフォロワーさん、友達、旦那、ツイキャスのリスナーさん。

苦しくなったらすぐに色々なところで喚き散らしている。

そうすると、たいてい誰かが助けてくれる。

 

話を聞いてもらう。通話をしてもらう。そんなことで苦しみは緩和される。

しかし、その後に襲ってくるのは「こんなに頼って良いのか?」という罪悪感だ。

これだけの迷惑をかけて、縁を切られるのではないか。それが怖い。

 

あと、何回なら甘えて良いのか。

あと、何回で縁を切られるのか。

怖い。怖い。怖い。

それでも周りに助けを求めるのをやめられないのだ。

 

そこで思いついたのが、病院のカウンセリングだ。

これなら対価を払っているので、時間内ならいくら頼っても問題ないだろう。

通常のカウンセリングは相場が1時間1万円ほどする。

保険が効かないので、何度も通うにはつらい。

だから、カウンセラーのいる病院に行って保険内の対価で済ませようとしている。

 

今通院している病院の先生はどう思うだろうか。

どこか紹介してくれるだろうか。

それとも、「カウンセリングを受けるほど症状は重くない」と怒られるだろうか。

先生に聞いてみるのが怖い。怖い。怖い。

 

しかし、怖がっている場合ではない。

私の苦しみは溢れ出し涙となってこぼれ落ちた。

本来なら先生に掬ってもらうハズの苦しみだ。

薬の力で押さえ込んでもらわねば。

 

「頼って良いんだよ。甘えて良いんだよ」

そんなありがたい言葉を心の底から信じることができない。

「そんなこと言って、限度というものがあるでしょう?知ってるのよ」

私はその限度がわからなくなっている。

手を差し伸べてくれたら、引きずり下ろしてしまうかもしれない。

 

私は、うつ病になった友達に引きずり下ろされたことがある。

勝手に優しくして、限度が超えただけなのだが。

自分が優しくすることが下手くそなので、周りのことも信用できないのかもしれない。

 

こんなに吐き散らしているが、今後も今までと同じように周りに縋るのだろう。

そんな自分が滑稽で仕方がない。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング