精神障害者であることの自覚

f:id:motaco1010:20170611232310j:plain

 

私は精神障害者だ。

 

今まで私は、自分はまだ健常者であると思っていた。

しかし、バスツアーにて”普通”を思い出したとき、私は普通じゃないことを認めたのだ。

それについては、その日の記事を読んで欲しい。

普通でない私たちの救われる道とは - 統失女の催眠療法日記

 

以前、私は障害者手帳をもらうまでは健常者だと思っていた。

しかし、手帳を持とうが持たまいが障害者並みの症状に苦しんでいるなら、それは障害者だという持論でもあった。

そう、矛盾していたのだ。

 

Twitterのフォロワーさんで、まだ手帳を持ってない人がいる。

その人は症状が重いから精神障害者という枠に入ると思っていた。

しかし、自分はまだ違う。健常者だと思い込んでいたのだ。

 

そして気づいた。私は精神障害者を差別していたのだと。

そうでなければ、「私は健常者だ!精神障害者なんかじゃない!」と思うはずがない。

精神病患者に対しての差別に嘆いていたはずなのに、自身も差別していたのだ。

 

「私は障害者だったんだな」と残念に思っているので、まだ差別的な意識は拭えていないのだろう。

「どうせ私は障害者だ。周りに話せば人が離れていく」なんて卑屈になっている。

この意識は、時間をかけて緩和させるしかないのだろう。

 

精神障害者であることを認めた私は、障害年金の申請をすることにした。

一度勧められたときは「そこまで酷くない」と思ったが、もう反発するのはやめた。

主治医に相談してみると、「もらえると思いますよ」と言ってくれた。

仕事してはすぐ辞める私を、働けないほどの症状だと判断してくれたのだろう。

 

障害者年金がもらえるかはわからない。

しかし、もらえなくてもかまわない。

もらえたとして、私はどんな気持ちでそのお金を使うのか。

もらえなかったとして、私の苦しみはその程度だと落ち込むのか。

どうなるのか、いささか不安である。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング