満ち足りた世界

f:id:motaco1010:20170719202133j:plain

 

完全なる多幸感。生きていることの奇跡。

 

どうにも躁状態が激しい。世界のすべてが愛おしいと言っても過言ではない。

なにせ、普通に生きていて苦しくないのだ。

過呼吸にもならなければ、胸が締め付けられることもない。

なんて幸せなんだ。私は解き放たれたようだ。

 

これがずっと続けばいいのに。

初めて働いていた頃はずっとこんな感じだった。

青い空。爽やかな空気。仕事がある充実感。とにかく幸せだった。

(すでに病気になっていて、そのせいで幸福感を感じていた可能性もある)

世界に必要とされている。自分の存在の肯定感。生きていることへの感謝。

今、あの頃同様の多幸感に包まれている。

 

私は気が狂ってしまったのだろうか?

あれだけ苦しい苦しいと喚いていたのに、今では笑みを浮かべて宙を仰いでいる。

とにかく幸せだ。生きているから。苦しくないから。平和だから。

病気でもなんでも良い。この幸福感よ続いてくれ。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング