統合失調症女の育児・闘病日記

統合失調症&双極性障害である「あやな」の育児・闘病日記です。

育児スタート

f:id:motaco1010:20190703153403j:plain

想像と違った。いい意味で。

 
今、飲んでいる薬のメモ
・レクサプロ錠10mg(2錠) 抗うつ剤
・ブロムペリドール錠1mg(2錠) 統合失調症の薬
・ラミクタール錠25mg(2錠) 双極性障害の薬
・【頓服】ロラゼパム錠0.5mg(1錠) 精神安定剤

 

産後、大いに荒れると思っていた私の精神は病気なんて治ったかのように安定している。心穏やかになり、妊娠中より気持ちの余裕がある。旦那はとても協力的で、イライラすることなんて無いくらいだ。

 

息子は眠王子かというくらい眠る。完全ミルク育児で3時間おきに授乳しているが、時間になっても滅多に起きてこない。いつも哺乳瓶をくちびるに当てて起こしているくらいだ。食欲旺盛で吐き戻しも少ないので、とても安心して授乳ができる。

オムツが汚れても泣いたりしないので、ミルクをあげたあとにチェックをしている。おしっこもうんちも定期的にしているので、こちらも心配なし。強いて言うなら、汚れてすぐ教えてくれないので、おしりがかぶれてしまうんじゃないかということが心配だ。

沐浴は旦那と一緒に協力してやっている。メインは旦那で、私はサポート。旦那に体を洗ってもらったら最後に私がお湯をかけて、息子を受け取って体を拭く。そして保湿クリームを塗ったり服を着せたりするのだ。

 

旦那のサポートはすごい。掃除、洗濯、料理、買い物、うさぎの世話、ミルク、オムツ替え、どれもこなしてくれている。もちろん私もできることは手伝うし、息子のお世話は基本的にやっているが、安心感がとてつもない。頼りになるパパだ。

退院日から1週間の有休を取ってくれているので、当分ずっと一緒に育児できるのも安心だ。産後、情緒不安定になることを想定してのことだったが、そんな心配はなく、ただただしあわせな時間が過ぎていく。

 

しかし、産後にキレ散らかして大泣きしたことがある。それは、父親のせいだ。「ミルクの時間になっても、オムツが汚れても泣かない」という話をしたら、「泣くまで放っておかないと自己主張できない子に育つ」なんて言ってきた。まるで自分の言っていることが正しいかのように。私や産院のやり方が間違っているかのように。思わず「帰れ!!!」と怒鳴り、そのあとすぐに号泣してしまった。

実は父親から「余計な口出しばかりしていることに気づいた。申し訳なかった」との旨のメールが来ており、変わってくれたのだと信じていた。そんなことなかった。人間はそう簡単には変わらないと思い知らされた。私の父は、私の子供がまっとうに育たないと認めてくれないのだ。まっとうに育つように自分が導かねばならないと勘違いしているのだ。

今度のお七夜で会うことが今から憂鬱だ。義母も呼んでいるので、もうバカみたいな発言はないと信じたい。でも、もう父親のことを信じるのはやめる。もうできるだけ関わりたくない。手を出すことも金を出すこともせず、口だけ出してくる。最低な人間だ。

 

長々と父親の愚痴を書いてしまったが、子育て自体はとても楽しいし、しあわせだ。これからの息子との時間、息子の成長を思うと胸が熱くなる。こんなにしあわせで良いのだろうか?と疑問にさえ思う。これも私の魂の格を高めるために必要なことらしいので、喜んで現状を受け入れようと思う。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村