父親に認められたい失敗作の話

f:id:motaco1010:20170615224109j:plain

 

私は失敗作なのだ。

 

深い深い罪悪感。期待に答えなきゃという気持ち。ぐるぐるぐる。

私は父に「子育てに失敗した」と言われたことがある。

これがなかなかのトラウマと化しているのではと推測される。

 

小学校のころ、私は塾や習い事に通うこともなく遊び暮らしていた。

小学6年生になったある日、算数の授業で当てられて全く答えがわからず、自分のバカさ加減にやっと気づいたのだ。

そこで私は進研ゼミをやらせてくれないかとお願いした。

 

そして私は勉強することが好きになった。

進研ゼミの問題集は面白かったし、授業が理解できることが嬉しかったのだ。

テストで良い点(といっても80点くらいだが)をとると、とても驚かれた。

 

しかし一方で、私が大好きなイラストに関しては何も言ってもらえなかった。

上手に描けたと思って見せても、「パパにはわかんないよ」としか答えてもらえなかった。

私は勉強するしかなかった。

 

高校は私の希望で美術系の学校に通わせてもらった。

ここで描いた絵も両親には評価されなかった。

勉強もそこそこ頑張って良い点を取り続けた。褒めてもらいたい一心で。

それなのに、父は冗談のように「子育てに失敗した」と言ってきた。

 

勉強頑張ったのに?パパさんは絵に興味がないから?ゲームばっかりしてたから?家事のお手伝いしなかったから?私は、私は、失敗作なの?

今までの頑張りじゃ足りないんだ。お仕事、そうだお仕事を頑張って褒めてもらおう。

ゲームイラスト制作を志望していた私は、Webデザイナーになった。

 

Webデザイナーになったことを父は大層喜んでくれた。

曰く、「ゲームなんかよりよっぽど社会のためになる」ですって。

言いたいことは色々あったが、私は褒められたことで何も言い返せなくなっていた。

 

私は父に認められたい。認めてもらうには働くしかないのだ。

ただ生きているだけじゃ失敗作だから。

 

社会に出て精神を病み、病院に行くときも父の許可が必要だった。

苦しければ1人でも行けるはずなのに、「薬漬けにされるから精神科には行ってはいけない」と言う言いつけを守っていた。

自分がおかしいと思い始めても、許可が下りるまでは我慢し続けた。

そしてあまりの苦しみにダメになりそうになったとき、「精神科に行かせてください」とお願いしたのだ。

 

こうやって書いていると父親のことが憎いのか?と思われるかもしれない。

逆だ。未だに父に認められたくてあがいているのだ。

病気になり、精神障害者になってしまった私を、何もできない私を、父に認めて欲しい。

しかしそれができないから、私は働かねばならないのだ。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


統合失調症ランキング